常識に囚われない生き方とは?

常識 オススメ(本・動画・グッズ)
この記事は約2分で読めます。

おはようございます

NE運命解析士 佐藤秋子 です。

はじめに

常識とは、一般に学問的知識とは異なり,普通人が社会生活を営むためにもち,またもつべき意見,行動様式の総体をいう。

これは経験の集積からなることが多く,時代や場所や階層が異なれば通用しないものもあり,多分に相対的なものである。

本来は,「共通 (一般) 感覚」の意。アリストテレスは視,聴,触などの相異なる感覚を一つの対象に結びつけて意識させる「すべての感覚に共通な部分」をいった。

近世初頭デカルトなどは,これをより積極的に万人が共有する真理感覚と解し,良識 (ボン・サンス) と呼んだ。

18世紀末に現れたスコットランド学派は,この真理感覚を「常識の原理」と名づけ,それを基礎に倫理説を立てたので「常識学派」と呼ばれる。 (→常識哲学 )

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

「常識」が足枷や逃げ口実になっていませんか?



ブリタニカ国際大百科事典にも書かれているように、常識は、時代や場所や階層が異なれば適用せず、常に変化します。

今の時代、冠婚葬祭は参加必須が常識ですが、これからの時代は必須ではなく、むしろ行かない方が良い行事の1つとされている(宇宙人生理論より)と言ったら、驚く方もいらっしゃるでしょう。

また、「仕事が忙しい(時間がない)」「お金がない」は出来ない理由の筆頭=常識に挙げられますが、皆さんはこれらを理由に、どれだけの事を諦めてきたでしょうか。

今までのパターンから脱するには常識を逃げ口実にしない



できない理由や言い訳を探すのではなく、何をどうしたら成し遂げられるのか。

そのマインド、認識が、自分の世界を新しく構築し、自分を救います。

自分を救いたい、より良い人生を過ごしたい、そう思っていても、多くの人が言い訳や出来ない理由に逃げ、その結果、自分を苦しめているのが現状です。

やりたい事、成さないといけない事を成す、その為の一歩踏み出したところから、全く常識に囚われない自分が出てきます。

ここで「でも」「だって」が出てきた方は、改めて自分に問いましょう。「自分はどうしたいのか?


【本日のオススメ動画】

常識に囚われない生き方とは?


私もあなたも永遠に幸せでありますように。

生きとし生けるものが全て幸せでありますように。