>>今すぐ自分の本質を知る(無料)

これからの教育と子育ては、どう変わるのか?【アフターコロナ】

school オススメ(本・動画・グッズ)
この記事は約4分で読めます。

おはようございます

NE運命解析士 佐藤秋子 です。

一方向性社会から全方向性社会へ

これまで学校で刷り込まれてきたもの:一方向性



さて、問題です。以下はどこでの話だと思いますか?

  • 着るものが決まっていて、風紀を乱さないよう規律に則して着用する
  • 時間割や食事時間などが決まっていて、チャイムや号令に合わせて遂行する

どうでしょう、思いつきましたか?

真っ先に思いつくのは「学校」かもしれませんね。

また、囚人の牢獄を思い浮かべた方もいらっしゃるかと思います。

最近は変わってきたなぁと感じますが、一昔前までは、良い成績を取って、良い大学に進学し、良い会社・職業に就き、女性は結婚して子供を産み育て、男性は沢山稼いで素敵な家や車をローンで買うことがステータス、幸せの象徴だと思われてきました。そして、これこそが一方向性の代表的なものになります。

しかし、この観念はどこで生じたのでしょうか?

親や社会から?もちろん両者の影響も強いでしょう。

そして、もう1つ外せないのが「義務教育」です。

みんな同じ服装をして、みんなで同じ事をする時間を共に過ごし、それらを外れることは問題であり、集団の中でトップになる事を良しとする。

小学校の6年間、中学校の3年間、そして、8割は進学する高校3年間の計12年間、このシステムに身を置いていれば、気づかないうちに洗脳されていてもおかしくは無いでしょう。

秀才教育から天才教育へ



先に集団の中でトップになる事を良しとする、と書きましたが、それこそがナンバーワンを目指す秀才教育といえます。

全ての教科がトップレベルで、そういった人達が東大や京大へ行き、行き着く先は官庁などといったトップダウンの上層部。

今の政治家を見ても分かるかと思いますが、集団の中でいかに賢く(収奪して)生きるか、というマインドの方が多く見受けられます。

しかし、これからの教育は「天才教育」に変わります。

5教科と呼ばれるものが全くできなくてもOK。

全てオールマイティにこなすのではなく、1つのものが秀でていてOK。

今までのように、全て自分でこなす(全教科の成績をトップレベルにする)と、自分の才能や、何を為すべきなのかがわからなくなります。

できないことは、同じ方向性のできる人と組めば良いだけ。

一方向性から全方向性へ。

トップダウンからフラットへ。

同じ方向性の人と一緒に活動していく。

全方向性とは、各々が行きたい方向を目指していく状態を表します。「幸せ」は個々によって違って当たり前で、一人一人が主役を張れるが、一緒に活動すると相乗効果で更に良いものが作れる、というフラットな状態になるのがこれからの時代です。

学習環境



これまでの学習は、良い成績を取って、良い大学に進学し、良い職業に就いて云々の為の学習でした。

しかし、これからは違います。

学習の場は拡がり、自然を観察することで、摂理に気付いていくこともあるでしょう。

自分と繋がっていき、自分の深いところで、どう在りたいのか、どうしたいのか、を深掘っていく。

その為には、自分の中にある痛みなどを直視する強さも必要になってきます。

出来上がる思考回路



今までは良い成績を取る事・先生の言う事を聞く事、などを良しとしてきたので、二極性(善悪など)、優劣、相手との比較観念などが育まれてきました。

しかし、常に二極で判断すると苦しいんですね。

これからは「魂で立つ」という意味での自立マインドが必要となってきます。

魂で立つ、というのは、自分の才能=価値を社会に提供する事で、自分が起点となった循環を起こしていく状態です。

夢は自分へのベクトル。

志は社会に向けてのベクトル。

自立マインドはまさに、社会に向けてのベクトル、志を持った状態と言えますね。

自分と繋がるために



私達はお互い影響し合います。

実は、皮膚から47%、口から45%、鼻から8%、相手の気=異物を摂取すると言われています。



全く方向性が違う、全く位置が違う、そんな人と無理に一緒にいるとどうなるでしょうか。

自分の本来の気や、魂からの信号が分かりにくくなってしまいます。

つまり、誰と一緒にいるか、誰と食事をするかなど、誰と関わるか、がとても大切になってきます。

しかし、義務教育は、同じ年度に生まれたというだけで、同じ空間で共に長い時間を過ごします。

そうするとどうなるかは、、、、お分かりですね。

最後に



既に察された方もいらっしゃると思いますが、これからの時代は、学校、特に義務教育を受けに行かなくても大丈夫です。

むしろ、これまでの古い概念・観念を刷り込まれたり、同じ方向を向いていない他者に影響を受ける環境(学校)には行かない方が無難ですね。

オススメなのは、興味の向いたことや気付いた才能を伸ばせる環境に、いち早く身を置くことです。



さてさて、今回ご紹介させていただいた内容は、極々一部になります。

他にも目から鱗情報が動画から学べますので、ぜひご覧ください。

【本日のオススメ動画】



あなたも私も永遠に幸せでありますように。

生きとし生けるものが全て幸せでありますように。