>>今すぐ自分の本質を知る(無料)

「知ること」で開かれた人生の扉

和田さん NE運命解析士の人生
この記事は約5分で読めます。

おはようございます

委員長アッコです。



今回ご紹介するのは和田裕紀子さん。

NE運命解析士として、女性が自立し、賢い選択をすることで、自分らしく幸せに生きるためのご提案をされています。

NE運命解析学と出会う前

良い妻、良い母、良い嫁という型枠。

◯◯会社の奥様という世間の目。


家族・世間が自分に寄せる理想と、「自分」とのひずみで心の葛藤に思い悩まれていた和田さん。

嫌われたくない、良く思われたい、そんな思いで「個性心理学」「人間関係論」を学び、相手の素質を知って、相手に合った話し方をすることで人間関係を改善していきました。

しかし、相手に合わせた言葉選びは、自分の本当の想いと違うこともあり、このままで良いのか、満たされない日々を過ごされたそうです。



そうこうしているうちに、子育てもほぼ終わり、夫が営む会社で事務要員となるか、自分のやりたい志事をするかで岐路に立たされます。

そんな中、知人の紹介で出会ったのがNE運命解析学でした。

和田さんの運命プログラム

本質

和田さんの【本質】は「アバウトな王さま」。

性質としては

  • 落ち着いた雰囲気を持ちおおらか
  • プライドが高く、持続力に欠ける
  • 精神的に悩みやすくなる傾向
  • 心理学や精神世界を学び、悩み癖を転換すると、持ち味が活き飛躍する
  • スペシャリストというよりは、全体を見渡せるゼネラリスト

といった傾向があります。


「アバウトな王さま」は王さまと皇后が融合されたキャスト。

これだけみても、主婦で収まる器ではないことがみて取れます。

4つのコア

また、その人の骨子となる、4つのコア:特徴、傾向、潜在能力を表すキャストが一目で分かるもの、をみていくと

和田さんの場合は

(王さま)・(親分)・(突撃隊長)・(大将軍)


4つのコアを3つのカテゴリーに分けると

  • おっさん
  • おばさん
  • ナイチンゲール、があり

和田さんは全ておっさん。


つまり、和田さんは主婦や雇われではなく、人の上に立ち、自分主導で志事をしていくことで、自分を活かせる方であることが明白です。

ライフナビゲーション

そして、和田さんの運と人生を開花させる方向性の【ライフナビゲーション】はメンタルニーズ。

メンタルニーズにライフナビゲーションが向いている方は、全ての選択の基軸は「自分の想い」になります。好きなことを極めると、その道のプロになれる可能性もお持ちです。


そんな和田さんのメンタルニーズは「ハンター、リーダー、妄想家」。


性質としては

  • 安定を求めつつも、自分の欲に素直に生きる
  • 自らの欲求が実益になる方向性に進むと、実り多く充実した人生になる
  • 人を導き教えることに喜びを見出す
  • 悲観的になりがちで心配ごとを自ら作りやすい
  • その思考癖を超えた時、人生や精神性に深みができる
  • 人の痛みや苦しみを癒していくことに興味を持つことも

といった傾向があります。


さて、ここまで、和田さんの本質、4つのコア、メンタルニーズを見てきましたが、あなたなら、和田さんの岐路に対してどんな言葉を掛けるでしょうか。

夫の会社に事務員として入ることを勧めますか?

それとも、自分のやりたい事をするよう勧めるでしょうか。


和田さんは、ご自分のライフナビゲーションがメンタルニーズに向いていることを知って楽になったと言います。

また、本質とメンタルニーズの「悩み癖、悲観癖」を知り、乗り越えていくことで、人に寄り添える、という強みにできたそうです。


その実、和田さんの相手に寄り添ったセッションは、クラインアントさんからも大変好評をいただいています。


和田さんは、妻・母・嫁の理想像に縛られてきましたが、それには育った環境も大きく影響していました。

父母運

和田さんの【父母運】は「芸術性に優れた巫女、協力者」です。


父母運に「芸術性に優れた巫女」が入っている方は、良いも悪いも母親の影響を受けやすくなります。

和田さんのお母様はというと

  • 母親は家にいるもの
  • 妻は夫を支えるもの
  • 妻は夫を尊重するもの

という考えをお持ちでした。


和田さんのお母様にとっては、自分より家族優先で生きることが、当たり前の日々だったのかもしれません。であれば、娘にも同様のアドバイスをするでしょう。


しかし、和田さんは全く違います。親の幸せ方程式は子供には当てはまらないのです。


和田さんも3人のお子さんをお持ちですが、ご自分の体験から、全員のパスポートを取って、お子さんとの接し方に活用されているそうです。


三者三様の強みを尊重することはもちろん、10年単位の運の傾向を知ることで、一人暮らしを始める時も、海外へ行く時も、自信をもって背中を押せたと言います。

また、真ん中の子が登校拒否になった際も、まったく心配しなかったとのこと。

なぜなら、そのお子さんのデータとこれからの時代についての知識があったからです。


「知る」ことは無駄な不安を無くし、不安による誤認や芽の摘み取りを防ぐのです。

和田さんから全ての女性へ

私の考える女性の自立とは、外に出てお金を稼ぐこととイコールではありません。

自立した女性、それは、家庭の中においても、妻・母親の顔だけではなく、自分を表現していける人。


何歳までに結婚しなくてはいけない、結婚したら添い遂げないといけない、という圧を、感じている方も多いと思います。

でも、本当の自分を知り、これからの時代を知ることで、他人に左右されない自分の立ち位置、自分のスタイルを確立して欲しい、そう願っています。

最後に

和田さんのコラムが、全国紙の『CLASSY.』7月号に掲載されます。

発売は2021年5月28日(金)。ぜひ手に取ってみてください。

和田さんのHP:ゆ・う・と・ぴ・あ