>>今すぐ自分の本質を知る(無料)

適職が分からない!職業、人生を選択をする際に有益な3つの概念

オススメ オススメ(本・動画・グッズ)
この記事は約5分で読めます。

おはようございます

NE運命解析士 佐藤秋子 です。

先日、NE運命解析学®︎の創始者:天河りえ先生オススメの本『転生の秘密』(ジナ・サーミナラ著)を再読しました。

本書では、エドガー・ケイシーが22年間にわたって行った自己催眠透視に関する、著者の分析研究が書かれています。

この記事では、本書で紹介されている、職業を選択する際、また、人生をどう生きるか選択する際に、とても有益な3つの概念 「職業選択の哲学」についてお話しします。

概念①理想と内的な人生目標を決め、成就するよう努める



1つ目の概念は【理想の樹立】。

1枚の紙に書き出すことは、具体的な思考を助けてくれます。

思考を心の中だけに留めず、必ず書き出すようにしましょう

⑴霊的理想:魂の理想



ここでは、あなたが最大限考えられる理想の生き方、在り方を考え、書き出していきます

自分はどう在りたいか、を考えるのはなかなか難しいかもしれません。

そんな時は、この時代・この国にこのタイミングで生まれた意味や、神や宇宙、地球が求める理想の在り方、などといった視点で書いていくこともオススメです。

重要なキーワード、理想とする人物など、核となる部分なので表現はシンプルで結構です。

私の場合は、「美;レイチェル・カーソン」と書きました。

⑵精神的理想



例えば、自分が理想とする人物なら、どのように想い、考え、選択をしていくか、を考えていきます

考える際には、更に対象をカテゴリーに分けると良いでしょう。

自分に対して、家族に対して、縁している環境に対して、などです。

私の場合は、理想とする人物がレイチェル・カーソンなので、彼女が残した言葉を洗いざらい書き、彼女の人生がどのようなものだったのか調べ、どんな選択をしてきたかを書き出しました。

⑶肉体的理想



⑴⑵の理想を実現するための、実際の行為を書いていきます

レイチェル・カーソンは生物学者でしたが、他者の研究結果のみを鵜呑みにせず、必ずフィールドワークをして自身で確認をしていました。

この姿勢を私が体現するとすれば、得た知識を知識に留めず、それを実践し、知恵にしていく行為が必要だと、私は考えました。

このように、日常に落とし込めるまで、具体的な行動指針をここでは明確にしていきます

概念②他人のための奉仕になるよう努力する


人は誰もが、自分を肉体における1つの細胞のようなものとみなすことを学ばなくてはならない。人類を構成する1つの細胞として考えなくてはならない。

『転生の秘密』ジナ・サーミナラ著

本書では「人類を構成する1つの細胞」と記していますが、「地球を構成する1つの細胞」「宇宙を構成する1つの細胞」と考えるのもオススメです。

もっと広い視野、もっと高い視座で物事を考えられるようになります。

この原理から必然的に導かれるものは、経済の安定とか、名声とか、世俗的な成功などは、奉仕という目標に比べれば第二義的なものでなければならないこと、また、それらは車が牛についてくるように自然についてくるということである。

『転生の秘密』ジナ・サーミナラ著

NE運命解析学®︎でも、自分の才能・価値を提供することで恵財が巡ると言われています。

恵財とはお金のみならず、自分に必要な情報や応援者、環境なども含まれます。

自分の本質に則り、自分が循環の起点となって価値提供をしていく事が何よりも大切で、それができていると、本書でも「車が牛についてくるように自然についてくる」と書かれていますが、1日80万円相当の恵財が巡るそうです。

概念③手元にあるものを利用、自分の身のまわりからはじめる


覚えておきなさい。どんな境遇にあっても、それこそがあなたの進歩成長の為に必要なものであるという事を。人は日々の共同生活のなかで、ここに一つ、あそこに一つと、自分のモットーを実行しなくてはならないーことばと行いを通じて人格の陶冶(とうや)がなされることをわきまえながら。

レンガを一枚一枚積み重ねることによって建物は建築されていく。ことばによって、また日々の小さな行為によって、人は己の主義に表現を与え、その知識や、その潜在能力や、その真の目的の完全な達成に向かって前進してゆく。その人がたえず前進する行動をとおして奉仕しようと心がけるなら、必然的に環境は変化し、次の手段、次の機会が見出せるようになる。

『転生の秘密』ジナ・サーミナラ著

宇宙人生理論では「人はこの世に生まれると決めると、自分である程度、今回の運命プログラムを練る」のだと言われています。

そして、「練って書いてきた運命プログラムが正常に機能する親と環境と生年月日時刻と場所を選び生まれる」そうです。(参考『地球大転換時代の生き方とNE運命解析学』天河りえ著)

子供が親を選んでくる話は、ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜」でも描かれていますね。

生まれた環境は自分が決めてきたもの。現状は自分がしてきた選択の結果。

それらを知ったとき、私は他者のせいにするのを止め、自分の手で自分の人生を創り始めたように思います。

最後に



今回、「職業選択の哲学」をご紹介しましたが、そもそも職業とは何でしょうか。

今までの時代はライスワーク、これからの時代はライフワークであり、職業の種類は人の数だけあるようになります。

参考までに、私はクライアントさんに安易に既存の職業を目指すことはオススメしていません。

何故なら、既存の職業は、今までの時代の概念や価値観を土台にしているものも多々あるのと、職業から逆算していくと枠・型にはまってしまい、柔軟な発想ができないからです。

どのような方や社会に対して、どうなって頂きたいと望んでいるのか。

ここを深掘っていくと、自ずと自分が為すべきこと、したい事が見えてきます。

既に年末年始休みに入られている方も多いのではないでしょうか。

ぜひ、このお休み期間に自分自身を分析し、自分の理想を明確にして、それを実現するための具体的なビジョンを打ち立ててみてください。

私もあなたも永遠に幸せでありますように。

全存在が永遠に幸せでありますように。

ご自分のことを知りたいな、と思われた方はこちら↓

「本当の自分へのパスポート」

「本当の自分へのパスポート」無料体験版