「自分」という素材を活かしきる